ABOUT US
ENGLISH | JAPANESE
ジャパンディスプレイ、超薄型・省電力・新IPS技術搭載の最先端ディスプレイを開発
CONSUMER »

ジャパンディスプレイ、超薄型・省電力・新IPS技術搭載の最先端ディスプレイを開発

ジャパンディスプレイは、ソニー、東芝、日立製作所の、統合3社の最新技術を結集して開発したディスプレイ「イノベーションビークル」のプロトタイプを公開しました。

"ジャパンディスプレイは、3社が一緒になって4月にできた会社です。そこから半年間、3社の技術開発陣が一緒になって何か新しいものを作ろうじゃないかということでスタートしたのが、この「イノベーションビークル」です。"

今回開発されたのは、5型Full-HD、438ppiのスマートフォン、7型WQXGA、431ppiのタブレット、12.2型、1920x720画素の車載向けの3種類で、省電力化技術「WhiteMagic」や内蔵タッチパネル技術「Pixel Eyes」、広視野角と高コントラストが特徴の新IPS技術「IPS-NEO」などの最新技術を搭載しています。

さらに、スマートフォン向けでは、モジュールの厚さが0.96mm、左右額縁が1mmと超薄型を実現しています。

"WhiteMagicというのは、主にRGBだけではなくて白の画素を使って、バックライトの電力を下げようという技術です。スマートフォンだとバックライトの電力が半分くらいになります。パネル全体だとだいたい4割減くらいです。バックライトをそのまま付けておくと消費電力は同じですが、すごく明るくなるので、外でも非常に視認性の良いパネルができます。"

"Pixel Eyesは、タッチパネルを外から付けるわけではなく、中に組み込んでしまおうという技術です。構造がシンプルになって薄型化が楽になります。薄くできるということと、感度が非常に高いです。ですから、高感度を活かしてペンで描けるようにしています。今は指の操作が主ですが、次にはペンで描けるソリューションも提供したいということで、今回お見せしています。"

"後もう1つ最後に、パネルを曲げてデザイン性を上げる、さらには四角いパネルではなくて、端を丸くして車のインパネに入るような、デザイン性重視のものもできるということで、車載ディスプレイのプロトタイプも展示しています。"

"今の所、商品化は未定ですが、今回こういうものができましたので、これをお客様の所に持っていって、営業活動をしていきたいと思っています。できれば来年以降、順次量産できればいいと思っています。"

イノベーションビークル - Photo 1 イノベーションビークル - Photo 2 イノベーションビークル - Photo 3 イノベーションビークル - Photo 4 イノベーションビークル - Photo 5 イノベーションビークル - Photo 6 イノベーションビークル - Photo 7 イノベーションビークル - Photo 8 イノベーションビークル - Photo 9 イノベーションビークル - Photo 10 イノベーションビークル - Photo 11 イノベーションビークル - Photo 12 イノベーションビークル - Photo 13 イノベーションビークル - Photo 14 イノベーションビークル - Photo 15 イノベーションビークル - Photo 16 イノベーションビークル - Photo 17 イノベーションビークル - Photo 18 イノベーションビークル - Photo 19 イノベーションビークル - Photo 20
コメント
blog comments powered by Disqus
 
RELATED VIDEOS

LOADING...