ABOUT US
ENGLISH | JAPANESE
VOCALOIDキーボード – 日本語と鍵盤を同時入力してリアルタイム歌唱合成
CONSUMER »

VOCALOIDキーボード – 日本語と鍵盤を同時入力してリアルタイム歌唱合成

ヤマハは、日本語の歌詞と音高を同時入力することで、歌唱合成を利用した演奏がリアルタイムにできる鍵盤楽器「VOCALOIDキーボード」を開発しました。

このキーボードは、日本語を片手で打てるように最適化された、子音・母音・濁点・半濁点からなる16ボタンを備え、これを片手で入力し、同時にもう一方の手で鍵盤を操作することで、ハードウェア単体での歌唱合成を可能にしています。

"今迄のVOCALOIDというものは、パソコン上で曲を作り込んで、一個一個音符を入れて作るものでしたが、これはリアルタイムに演奏できるようにしたものです。まず、子音と母音で発音する音を決めます。例えば「ガ」と発音したい時に「G」がないんですが、「K」と濁点を押す事で「ガ」が発音されます。ここが普通のローマ字入力と違うところで、ボタン数を削減させるために、濁点と半濁点のボタンを別に付けています。また。母音が「A」のものは省略しても鳴るようになっています。"

入力した文字列や発音した文字列は、LEDディスプレイ上にカタカナで表示され、プレイした内容が正しいかどうかを確認できます。また、パラメーター調整用のツマミが3つ用意されており、ここで声色を調整できます。

"ボカロP(VOCALOIDを使う制作者)の方々が、今ライブでVOCALOID自体の演奏はできないと思うんですね。ポン出しで音を再生するということになってしまっていると思うんですが、そこをリアルタイムに演奏して頂くということができます。あとは、主に女性ユーザーの方が、DTMのソフトを買ったんですけど、難しくて演奏できないという子がインタビューをすると結構多くて、そういった方でも鍵盤演奏ができる子が多いんです。そういった方にVOCALOIDをもっと気軽に楽しんでもらう、押したらすぐ音が出る楽しみを提供したいです。"

鍵盤演奏者数名に対して評価を行った所、3時間程度の練習で日本語入力が無理なくできるようになり、最終的には簡単な童謡をスムーズに演奏できるようになったということです。

"今の所、製品化の予定は無いんですが、中の音がでるチップは、外に出せる状態になっているので、相談頂ければ他の会社に提供する事は可能です。"

VOCALOID Keyboard - Photo 1 VOCALOID Keyboard - Photo 2 VOCALOID Keyboard - Photo 3 VOCALOID Keyboard - Photo 4 VOCALOID Keyboard - Photo 5 VOCALOID Keyboard - Photo 6 VOCALOID Keyboard - Photo 7 VOCALOID Keyboard - Photo 8 VOCALOID Keyboard - Photo 9
コメント
blog comments powered by Disqus
 
RELATED VIDEOS

LOADING...