ABOUT US
ENGLISH | JAPANESE
RESEARCH »
光照射によって可逆に磁性や超伝導性が制御できるような材料開発の研究
光照射によって可逆に磁性や超伝導性が制御できるような材料開発の研究
FEATURED
 
2015年04月19日
慶應義塾大学理工学部化学科無機物性化学研究室では、「光機能性材料の創製」と「ダイヤモンドを使ったセンサーの開発」というふたつのテーマを主軸とした研究を行なっています。 “光機能性材料というとこうざっくりした、フワッとした感じのイメージですけど、一番­身近な例だと太陽光発電のソーラーパネルがひとつの光機能性材...
RESEARCH »
ナノクラスターの秩序集積によるシステム化学
ナノクラスターの秩序集積によるシステム化学
FEATURED
 
2015年04月18日
慶應義塾大学では理工学部創立75年記念事業の1つとして、慶應義塾基礎科学・基盤工学インスティテュート、通称KiPASを立ち上げました。KiPASでは、本理工学部ならではの基礎学問的な研究分野において、専任教員の中から選抜された4名の主任研究員に、研究に専念できる環境を提供するという点で、画期的な取り組みとなっています。...
INDUSTRIAL »
低価格な義足ソケット製造技術
低価格な義足ソケット製造技術
 
2015年04月17日
幸和義肢研究所は「モノづくり企業ビジネスマッチングフェア」において、従来より低価格な義足ソケットの提供が可能な技術を展示しました。この技術は国の支援を得て開発されており、切断している足をカメラで撮り、それを3次元加工し石膏のモデルを作製し、それにバルジ成型という成型法を使いソケットを作ります。 “従来の義足...
RESEARCH »
数論幾何的予想の解決に向けた挑戦的研究
数論幾何的予想の解決に向けた挑戦的研究
FEATURED
 
2015年04月16日
慶應義塾大学では理工学部創立75年記念事業の1つとして、慶應義塾基礎科学・基盤工学インスティテュート、通称KiPASを立ち上げました。KiPASでは、本理工学部ならではの基礎学問的な研究分野において、専任教員の中から選抜された4名の主任研究員に、研究に専念できる環境を提供するという点で、画期的な取り組みとなっています。...
INDUSTRIAL »
約50%の軽量化に成功した自動車用のモーターシャフトを開発
約50%の軽量化に成功した自動車用のモーターシャフトを開発
 
2015年04月15日
秋山製作所は、国の援助を得て中空構造により約50%の軽量化に成功した自動車用のモーターシャフトを開発しました。 “大きな特徴としては重量が半分くらいになるということです。従来と材質もデザインも変えない、ただ中身だけ肉抜きして軽くしたシャフトです。” 今回開発したシャフトは、3つの部品を摩擦圧接と...
RESEARCH »
新たな機能をもったソフトマテリアルで多くの社会貢献を目指す
新たな機能をもったソフトマテリアルで多くの社会貢献を目指す
FEATURED
 
2015年04月14日
慶應義塾大学理工学部機械工学科 堀田研究室では、現在、幅広く使用されている複合材料やプラスチック製品などの材料研究に欠かす事のできないソフトマテリアルの研究をしています。 “料理に似ていると思うんですね。皆様食べる時に料理がおいしいとか、おいしくないとかという評価をされますけど、なかなか素材がどういった物で...
INDUSTRIAL »
薄肉形状部品の研磨レス切削加工技術
薄肉形状部品の研磨レス切削加工技術
 
2015年04月13日
山岸製作所は「モノづくり企業ビジネスマッチングフェア」において、熱処理を行った高硬度材を、研磨することなく高精度に切削加工する技術を展示しました。国の支援を受け開発されたこの技術により、つかむことが難しい薄い円盤をつかみ、高精度に研磨レスで削ることができます。 “こちらの素材がDCMXという非常に硬い金属H...
RESEARCH »
健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療拠点
健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療拠点
FEATURED
 
2015年04月12日
慶應義塾大学では理工学部創立75年記念事業の1つとして、革新的な産官学連携による研究プロジェクト、慶應義塾イノベーションファウンダリー、通称KIF立ち上げました。理工学部実用化に近い技術を産業界と共同で開発するコンソーシアムを形成し、産官学の研究者が活発に交流しながら、多様な共同研究を行うことを目指します。 ̶...
RESEARCH »
小型の環境発電素子で駆動する超低電力インターフェース回路の研究
小型の環境発電素子で駆動する超低電力インターフェース回路の研究
FEATURED
 
2015年04月11日
慶應義塾大学理工学部電子工学科 石黒研究室では、小型の環境発電素子で駆動できるようなナノワットで動作するインターフェース回路の研究を行っています。 “石黒研究室は集積回路の研究をやっておりまして、用途としては一言で言うとインターフェース用の集積回路になります。例えば自然界に色んな信号がありますが光をセンシン...
INDUSTRIAL »
有害物質フリー高機能無電解ニッケルめっき
有害物質フリー高機能無電解ニッケルめっき
 
2015年04月10日
桑名商事は「モノ作り企業ビジネスマッチングフェア」において、国の支援を得て開発した皮膜に有害物質を含まない高機能の無電解ニッケルめっきを展示しました。 “従来の技術ですと、無電解ニッケルめっきの液の安定化を目的として、鉛の化合物を意図的に添加していましたが、それが皮膜の方にも析出してしまいます。近年環境面、...

LOADING...