ABOUT US
ENGLISH | JAPANESE
RESEARCH »
超電導、超音波、マイクロバブルと機械力学
超電導、超音波、マイクロバブルと機械力学
 
2014年09月17日
慶應義塾大学理工学部機械工学科杉浦研究室では、電磁気学と機械力学の連成現象や非線­形動力学の現象について、解析と実験による解明に取り組んでおり、現在は大きく3つの­テーマに力を入れています。一つ目は、超電導磁気浮上系の非線形振動の研究です。超電­導磁気浮上系は、物体を非接触で浮上させることから、摩擦によるエネルギー損失...
RESEARCH »
メカニズム研究で次世代の価値観を創る
メカニズム研究で次世代の価値観を創る
 
2014年08月31日
慶應義塾大学理工学部 機械工学科 森田研究室では、機構、制御、技能、そして、それらの統合の観点で独自のロボット研究開発を進めています。 “私の研究室では、機械工学のなかでも特に機構学、メカニズムの研究をしております。メカニズム、機構というのはですね、機械工学のなかでも最も古い歴史を持っている、そういう学問の...
INDUSTRIAL »
安定した収益を得られるメガソーラーの発電事業支援システム
安定した収益を得られるメガソーラーの発電事業支援システム
 
2014年08月06日
システムインテグレーターのプロスペックホールディングスは、太陽光発電事業のコンサルティングから建設・保守・運営まで、発電事業に必要なすべての要素をワンストップで行っています。 “通常のシステムインテグレーターさんは、いわゆる発電所の建設および設計を行うことに特化をしてみえると思います。我々は用地の取得からい...
CONSUMER »
温度湿度CO2が同時に1台で計測可能な「GMW90シリーズ」
温度湿度CO2が同時に1台で計測可能な「GMW90シリーズ」
 
2014年07月25日
ヴァイサラは温度湿度に加えてCO2が測定可能な計測器、デマンド制御空調用途向けCO2湿度温度変換器「GMW90シリーズ」を開発しました。 “CO2センサが今回新しくなりました。マイクログローテクノロジー(Microglow技術)というMEMS(微小電気駆動システム技術)を使った光源を使用しています。従来は白...
RESEARCH »
ビッグデータ利活用のための計算機アーキテクチャ
ビッグデータ利活用のための計算機アーキテクチャ
 
2014年07月15日
慶應義塾大学理工学部情報工学科 松谷研究室では、データセンター、クラウド、ビッグデータ向けの大規模ネットワークから、チップ内ネットワークのような微細なネットワークまで、様々なスケールのネットワークを研究しています。 “当研究室では、ビッグデータ利活用のための計算機基盤として、現在主として四つの研究を行ってお...
INDUSTRIAL »
ロボットで一般細菌、大腸菌検査を自動化
ロボットで一般細菌、大腸菌検査を自動化
 
2014年07月07日
太平環境科学センターは今まで人が行っていた一般細菌や大腸菌検査をロボットを使い自動化するシステムを開発しました。このシステムはロボットを3台使い、サンプルの分取、寒天の注入・混釈・凝固・反転、それに培養機への挿入を完全自動化するもので、ヒューマンエラーを防止し、検査の正確さと処理能力を格段に向上しました。 “...
RESEARCH »
思いやりのあるコミュニケーションを行えるロボット頭脳をめざして
思いやりのあるコミュニケーションを行えるロボット頭脳をめざして
 
2014年07月04日
慶應義塾大学理工学部情報工学科 萩原(研究室では、会話のできるロボット頭脳、すなわち、画像やことばを理解し、人間との思いやりのあるコミュニケーションを行えるロボット頭脳の実現を目指しています。 “今でもロボットは大変に進歩していまして、制御部分に関しては非常に発展しております。ところが頭脳に関しての研開発は...
CONSUMER »
記事データベースも使える「日刊工業新聞電子版」
記事データベースも使える「日刊工業新聞電子版」
 
2014年07月03日
日刊工業新聞社は日刊工業新聞の記事や動画ニュースをパソコンやスマートフォンなどで読めるサービス、日刊工業新聞電子版を提供しています。 “日刊工業新聞の電子版は全国の記者が足で集めた情報で埋まっています。一般の検索サイトではあがってこない独自のコンテンツです。つまり他では読めないニュース、電子版を読んで頂くこ...
RESEARCH »
小型表面コイルを使った新しいNMR信号の取得
小型表面コイルを使った新しいNMR信号の取得
 
2014年07月02日
慶應義塾大学理工学部機械工学科の小川研究室では、近年急速に開発が進んでいる燃料電池において安定した発電を可能にするため、小型コイルを使った燃料電池内部の計測技術の確立を目指しています。 “燃料電池を実際にまずは計測しようという風に思うと燃料電池というのは中が金属でできていて、その金属の中をMRIで測ると、非...
RESEARCH »
疾患に関わる細胞応答機構の解析研究
疾患に関わる細胞応答機構の解析研究
 
2014年06月26日
慶應義塾大学理工学部生命情報学科井本研究室では、ケミカルバイオロジーを中心に分子生物学、細胞生物学の研究手法を駆使して、がんや神経変性疾患に関わる細胞の制御異常を遺伝子やタンパク質レベルで解析するとともに、 医薬品リードとなる小分子化合物の開発を目指しています。 “私達の研究は、ケミカルバイオロジーという分...

LOADING...